bjリーグ 2009/9/30

| コメント(0) | トラックバック(0)

録画しておいた韓国のKリーグチャンピオンと

bjリーグチャンピオンの沖縄との試合を見ました。

 

日本で行われた試合は録画するのを忘れていて

韓国で行われた試合を見ました。

結果は韓国のチームの勝利。

(ちなみに日本で行われた時は4点差で沖縄のチームが勝ったそうです。)

 

韓国のルールを採用で、外国人選手はオンザコート2の2人なので

韓国人選手と日本人選手の活躍しだいで勝敗が決まると思って見ました。

 

韓国のボールを使用(ちょっと手触りなんか違うそうです。)のせいか???

日本人選手の3ポイント、ミドルシュートが入りません。

 

韓国人選手の3ポイントシュートは入りすぎるくらい入るし

ミドルシュートも、バックボードを上手に使って入ります。

 

韓国人選手がバックボードを上手く使うのに対して

日本人選手は、直接リングを狙っているように見えます。

 

45度の角度からのシュートはバックボードを使ったほうが確率がいいのは

みんなが知っていることだと思っています。

 

NBAの選手だって上手く使っているのに

日本人選手はどうして上手く使えないのか意味がわかりません。

 

入ればどっちでもいいんですけど。。。

あまりにも入らないのを見せられてしまうと。。。

 

それから沖縄のチームは、外国人選手の1対1が多すぎで

まわりが止まってしまって動かなくなってしまうので

連動したチームプレイが韓国のチームより少ないようです。

 

この試合を見た限りだと、日本人選手より韓国人選手のほうが

シュート力があり、3ポイントも入るから1対1で

インサイドにも入ってこれます。

 

来年だか3ポイントシュートエリアが、NBAと同じになって

今までよりも遠くなるので、日本人選手のシューター育成は

急務のような気がします。

 

カッコはどうであれ、入れば良いんです!!

 

新潟のお土産に贈り物に伝統の味。鮭、筋子、たらこ、粕漬などの販売 | 佐々木食品 新潟県新発田市

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sasaki-shokuhin.co.jp/mtblog/mt-tb.cgi/188

コメントする