10月9日ミニバスケットボール練習 2009/10/12

| コメント(0) | トラックバック(0)

新入部員が入りました。

この前の練習を見にきた子です。

 

ジグザグドリブルが終わったところで

ドリブルで人を抜いていく練習をしました。

 

2列に6人づつ等間隔に並ばせ、その間を抜けていきます。

1回目、人にぶつからないように1,2回ドリブルして

抜いていっている子が多いです。

 

2回目、なるべく直線的に1ドリブルで抜くように指導しました。

抜くときに肩と肩がぶつかるようです。

 

3回目、肩がぶつからないように

背の方でかすめるように肩を入れて抜くように指導しました。

ドリブルミスが多いようです。

 

体の接触を嫌がらず相手を抜くときは

ボールを守りながらギリギリを通って欲しいので練習させました。

 

1対1の練習では

 

「できるだけシュートの打てるところでボールをもらいなさい」

「そうすればピボット、シュート、ドリブルの3つの選択肢がある」

「シュートの打てないところでもらっても、ドリブルするしかない」

 

また、センタープレイヤーのSくんHくんがポジションを上手く取れない。

ローポストから相手を押し込んでからのシュートができない。

 

5対5では、ゾーンの守り方をなかなか覚えられないでいます。

Yくんは、人についてしまうので「ボールを見ろ」と指導されます。

 

分かってないようなので、作戦板を使って教えたんですが

分かったかどうか、明日の練習で確認してみよう。

 

最後は、中学生を入れて5対5です。

狭いところで3対3を動かないでやっていても

ボールを持っているプレイヤーはなにもできない。

 

「パスしたHくんは、TくんやMくんに何をさせたいのか?」

「パスしたらきれて反対側に行くとか」

「スクリーンしに行くとか」

 

スペースを作ってやらなければ動くにも動けない。

 

Sくんはもっと「体を張って相手を押えてポジションを取らないと

ちょっと遠くからのパスは、「カットされてしまうからパスを迎えに行きなさい」

 

明日また練習があるので

「頭を使ってやらないといけないレベルにきてるんだから、考えてプレーしよう」

 

がんばれ!! ファイターズ!!

 

新潟のお土産に贈り物に伝統の味。鮭、筋子、たらこ、粕漬などの販売 | 佐々木食品 新潟県新発田市

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sasaki-shokuhin.co.jp/mtblog/mt-tb.cgi/197

コメントする